オランダ×ベルギーの親善プレイを観に行くことにした結果

サッカー界は親善本番やワールドカップ予選が受け取れる国際週間。世界中で熱戦が繰り広げられる意味だが、ぼくが住むオランダもトップでベルギーとの親善本番、続いてアウェイでルクセンブルクとのワールドカップ予選が受け取れる。

こちらでは非常にリーズナブルな総額で社長戦が視聴とれることもあり、ベルギー戦を観に行くことにした。本心先月のフランスとのワールドカップ予選も視聴していた結果、100パーセントガチの闘争ではない親善本番は通過しようかとも思っていたのだが、大のお気に入りの選手ですロッベンが約1時期ぶりに社長に引き返したと聞いて、これは見逃せない!とすかさず切符を取ったのだ。先月のフランス戦を始め、用量は誰しもが聞き入れる企業ながら優秀のタイミングで故障し、がらっと社長から飛びていたロッベンがいるなら親善本番もいっぱい眺める価値あるな、と楽しみにしていたエリア、切符注文直後にそんな発刊が。

「ロッベンはベルギー戦はパスし、ルクセンブルク戦のみ参加」

なんとなく!!!

いくら親善本番だからってそれはないでしょ!リーダーなのに!!どんだけ過保護にする狙いだ!!!!

否確かに損傷が多いロッベンを親善本番で使って故障もして決戦のルクセンブルク戦を欠場とかにシャレにならん、は素晴らしくうなずける。が、今までの職歴を振り返れば、ロッベンは本番に出なくても勝手に進歩やウォーミングアップでケガをするという離れ業を繰り返してきているのだ。人知を超えたタイミングでケガをするロッベンにあんな加療は無駄だ、とぼくはおもう背景。

ということで魅力が激減してしまったベルギー戦だが、少なくとも大成を飾って喜ばしい形で決戦のルクセンブルク戦に挑んでほしいものである。loslunasreads.com